スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、香りで開運できるのか?

なぜ、「開運」をテーマにしたこのブログで「アロマ」の項目があるのか

疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。


人間には物事を知覚する5つの感覚、つまり五感があります。

視覚(見る)・聴覚(聞く)・嗅覚(嗅ぐ)・味覚(味わう)・触覚(触る)。

その中でも嗅覚は視覚や聴覚などに比べて進化の中で早く発達した原始的な感覚で、人の五感の中でも特殊な感覚と言われています


aroma1.jpg


 どの感覚も脳で受け止め、脳が知覚するというところは同じですが、嗅覚と視覚や聴覚などとでは、伝わるメカニズムが少し違います。


視覚や聴覚はその信号が脳に入るとまず「大脳新皮質」という部分に伝わり、ここで「こう見えた」「こう聞こえた」という情報になって、「大脳辺縁系」に届きます。


この大脳辺縁系は食欲や性欲などの本能、記憶、気持ちいいか不快か、嬉しいか悲しいかといった感情をつかさどる部分。


例えばラベンダーの花を見た場合、まず大脳新皮質で「これはラベンダーだ」と知覚し、それからその情報が大脳辺縁系に伝わって初めて「きれいな花だなぁ」という感情になるんですね。


 これに対し、嗅覚は脳が感知するとまず大脳辺縁系で受け止められ、それから大脳新皮質に伝わります。


先の例で説明すると、ラベンダーの匂いを嗅いだ場合、最初に「いい匂いだなぁ」という反応が起こり、それから「この香りはラベンダーの花だ」と認識されるということ


そして大脳辺縁系は感情や記憶とも関わりの深い部分なので、香りによって幸せな気持ちや悲しい気持ちが起こったり、過去の記憶が呼び覚まされることもあります。


 つまり、視覚や聴覚などと違って、体・感情を直接的に刺激するのが香りというわけ。


 身の回りの環境を整えることによって開運していく風水の考え方では、インテリア・ファッションなどと共に、香りもぜひ重視したい項目なのです


 aroma2.jpg


食べ物が口から吸収されるように、香りの成分も鼻の粘膜から入って、体に吸収されます。


体に取り入れるものなので、開運するためには香りもなるべく、いいものを使っていただきたいのです。


換気しない・生ゴミを捨ててない・カビが生えててクサい...


そんなお部屋は当然、論外ですが(笑)


だからといって、芳香剤の安っぽい香りでごまかすのもよくありません。


開運アイテムとして香りを使うなら、やはり自然由来のアロマが一番


桜花はヤング・リヴィング社のエッセンシャルオイルを開運アイテムとして愛用しています


日本で一般に売られているエッセンシャルオイルは皮膚への直接塗布や飲用が禁じられていますが、


メディカルアロマテラピーを基にしたヤングのエッセンシャルオイルは、香水代わりに皮膚に直接塗布して使ったり、レモンやシナモンなどのシングルオイルは飲用もできるんですよー


そういった情報も、今後ブログで発信していきたいと思います
スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : ブログ

comment

管理者にだけ表示を許可する

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

千道桜花

Author:千道桜花
ストーンカウンセラー・開運アドバイザーとしてちょっとずつ活動しています。ちょっと行動するだけで運気がホントに上がる! パワーストーン・風水などについて発信していきます(^0^)v

お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。