スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十四節季を知ろう➄霜降

今日は二十四節季でいう「霜降」(そうこう)にあたります

‘つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也’(暦便覧)

霜が降りるという読んで字のごとく、秋が終わりかけ、冬へと迫っていることを表しています

今年は10月上旬まで季節外れの暑さが続き、ようやく秋が来たー、という印象がありますが、

気が付けば朝晩はだいぶ寒くなってきましたね

そう、この「霜降」で秋の節季も最後。

次の節季は11月上旬の「立冬」ですが、それからはもう暦の上では冬に当たります。

たしかに11月といえばもうコートがいりますし、だいぶ寒いですよね。

そして季節の変わり目ということは、土用という期間に当たったということ。

昔の人は、春夏秋冬の季節それぞれに、五行をあてはめました。

春が木、夏が火、秋が金、冬が水...というように。

となると、アレッ 五行はあと「土」があるのに四季は四つですから、ひとつ余ってしまいますね。

というわけで、土の季節は春と夏の間、夏と秋の間、秋と冬の間、冬と春の間...

つまり、季節の変わり目にあたります

この期間を土用と呼び、各季節と季節の間の18日間にあたります。

2013年の秋の土用は、10月の20日から11月の6日まで。

そう。既にバッチリ、土用時期なんです。

土用というと、夏の「土用の丑の日」が有名ですが、本当は春夏秋冬と年に4回あるんですよー。

土用期間に注意すべきこととして、「土」が支配する期間ですから、土に関することはタブーになります。

穴を掘ったり、柱を立てたりとか。

気学では吉方位に旅行に行った際、お砂取り・お土取りという開運行動がありますが、

土用期間はこれもNG

でも、土用期間って18日間もありますから、この間、土に関することぜーんぶNGというのでは、ちょっと困りますよね

というわけで昔の方は、土用の期間の間にも、土に関する作業を行っていい日、「間日」(まび)というものを作りました。

土の神様は土用期間ずーっと活動しているわけではなく、ときどき天上に上られるので、その日は土に関する作業を行ってもイイということにしたんです

これが、間日。2013年秋の土用では、10月の20、22、24。11月の1、3、5がこれに当たります。

だから、土用期間でもどーしてもガーデニングしたい という方は、ぜひ間日に行ってくださいね。

それにしても、間日...昔の人はなかなかいいことを考えましたね。

夏休みの登校日のようなものですね(違うかっ)

今回は霜降のついでに土用についてもまとめたので、ちょっと長くなりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました
スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : ブログ

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

千道桜花

Author:千道桜花
ストーンカウンセラー・開運アドバイザーとしてちょっとずつ活動しています。ちょっと行動するだけで運気がホントに上がる! パワーストーン・風水などについて発信していきます(^0^)v

お問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。